神奈川県の通信制高校に通うならば理解したいこと

デメリットがあることを理解しておくべき

最近は価値観の多様化により通信制高校を好んで選ぶ人も少なくない私立と公立のどちらに進学をしたら良いかデメリットがあることを理解しておくべき

しかし通信制の学校の場合には、そのような心配はありません。
提出期限はあるかもしれませんが、残業などが多く勉強がしにくい日は無理して勉強しなくても問題ありません。
休みの日にまとめて勉強する方法や、仕事の閑散期にまとめて勉強する方法も考えられます。
このように、時間を無駄にすることなく自由に勉強時間を定めることができるのは大きなメリットといえます。
ただその一方で、デメリットがあることを理解しておくべきです。
具体的なデメリットの1つは、全日制高校などに比べると中退率が高いことです。
神奈川県内の通信制高校では、4割程度の生徒は卒業する前に中退してしまうと言われています。
理由はいくつかありますが、やはり孤独で勉強をしなければならない点がネックといえます。
もし、友達などが常に身近におり、勉強に関する相談をすることができれば心が途中で折れることはなかったかもしれません。
また、毎日先生と会っていれば先生に相談することもできたでしょう。
通信制の高校の場合だと、気軽に友達を作ることができないことや、先生に相談することができない可能性が高く、それが中退の原因となってしまいます。
さらに、全日制の高等学校ならば、部活に入ることができて、勉強以外の仲間あるいはクラス以外の仲間を気軽に作ることができます。
横だけでなく縦のつながりができるため、活気あふれる学生生活になりえます。
しかし通信制の場合には部活動がないところも多く、スポーツをしたい場合でもスポーツを気軽に楽しむこともできず、仲間も作りにくいです。
ただ最近は、神奈川県の通信制の学校でも、スクーリングと呼ばれる学校に通う仕組みを整えているところは少なくありません。
スクーリング強制的に参加しなければならないわけではありませんが、自宅で勉強しているだけだと飽きてしまうあるいは、友達が欲しい人にとっては魅力的な仕組みと言えるでしょう。
中には、部活動などがあるところも存在しており、入学する前によく検討しておいた方が良い良い事柄の1つです。

通信制高校 神奈川県 / 神奈川で学費の安い、おすすめ通信制高校をまとめました