神奈川県の通信制高校に通うならば理解したいこと

最近は価値観の多様化により通信制高校を好んで選ぶ人も少なくない

最近は価値観の多様化により通信制高校を好んで選ぶ人も少なくない私立と公立のどちらに進学をしたら良いかデメリットがあることを理解しておくべき

神奈川県に住んでいる中学生の中には、全日制高校ではなく通信制高校に通いたいと考えている人もいます。
昔ならば、全日制高校に通わなければいけないと考えている人も多く、通信制の高校に通う人は少なかったです。
しかし最近は、価値観の多様化により通信制高校を好んで選ぶ人も少なくありません。
それ以外にも、高校中退して会社員として働いていたけども、もう一度高校卒業の資格を取得したいと考えている人もやはり通信制高校を選ぶ可能性があります。
神奈川県で通信制高校に通う場合には、そのメリットやデメリット等をよく理解しておいた方が良いかもしれません。
まずメリットから見ていくと、何よりも授業料が安いことです。
通信制の学校といっても、公立高校と私立高校があるため、2つを同列に考えるべきではありませんが、例えば公立高校について考えた場合、全日制の学校に比べても授業料金は安くなります。
理由は言うまでもなく、学校に通わなくても良いからです。
一般的に通信制の学校の場合には、毎月教材が送られてきます。
最近は、インターネットを通じて動画配信などをしているところもあるため、昔に比べると教材の数が減っています。
いずれにしても、学校側は生徒に毎日会うわけでもなく大きな負担にならないため授業料が安くても問題ないわけです。

ゼロ高そのものは学校教育法上の「高等学校」には当たらず、高校卒業資格を得られない

そのため、広域通信制高校である「鹿島山北高等学校(神奈川県)」と連携。


3年間で必要単位を取得することで、高校卒業資格を得られる https://t.co/NdwR5tdS9J

— 物知らずの愚者 (@archi_ba) July 27, 2018